マンションでペットを飼うなら猫がおすすめ!

マンションに一人で住んでいたりすると、どうしても寂しくなることがあると思います。

そういう場合、「猫を飼う」というのは、寂しさを紛らわせるのにはオススメの方法だといえると思います。

このサイトでは、マンションで猫を飼う場合の方法と注意点についてまとめてみました。

「これからマンションで猫を飼いたい」と思う方の参考になれば幸いです。

マンション一人暮らしで猫を飼うのがオススメの理由

マンションに一人暮らしをしているという場合、
猫を飼うのは実はオススメなんです。
それは次のようなことが理由です。

猫は留守番するのがそれほど苦にならない

一人暮らしだと、日中は仕事などで家を空けることになると思います。
ただ猫は、一人でいる時間がそれほど苦にならない動物です。
1日の8割は寝て過ごしてしますし、マイペースに一人でいることができるんですね。

猫は狭いところが好き

一人暮らしだと、マンションもワンルームだったりして、それほど広くないと思います。
でも犬と違って猫は、狭い空間にストレスを感じることがほとんどありません。
むしろ狭い場所のほうが、猫は好きなんですね。

温度管理にそれほど気を使わなくていい

動物を飼っていると、日中部屋を空ける場合の温度管理に、
それなりに気を使わなければなりません。
ただ猫は、室温についてはよっぽど極端でない限り、
それほど神経質にならなくても大丈夫です。

1〜2泊程度なら留守番もできる

犬の場合は、餌を出しておくと出した分だけ1度に食べてしまいますが、
猫の場合には、自分が食べたい分しか食べません。
トイレもキレイに使いますから、水と餌さえたっぷり用意しておけば、
1〜2日の留守番もしてくれます。

猫を飼う前に考えておくべきこと

猫はこのように、マンションの一人暮らしでも、飼うことができる動物です。
ただもちろん、猫を飼うことを決める前に、きちんと考えておく必要があることはあります。

猫ときちんと遊んであげられるか

猫が一人で過ごすことを苦にしないといっても、放ったらかしでいいわけではありません。
帰宅したら、きちんとコミュニケーションを取ってあげる必要があります。
それをきちんとできるかどうか、まず考える必要があると思います。

温度管理はある程度は必要

猫が室温の温度管理にそれほど神経質にならなくていいといっても、
あまり極端に暑かったり寒かったりする場合には、
出かけるときにエアコンをつけておいてあげる必要はあります。

一旦飼い始めたら飼い続ける決意が必要

猫を一旦飼い始めたら、飼い続ける決意が必要です。
たとえばもし家族の中に、猫が嫌いだったり、猫を飼うことに反対だったりする人がいたら、
猫を飼うことで、猫にも人間にもストレスが掛かることになりますので、
猫を飼うのはあきらめたほうがいいと思います。

また今は一人暮らしをしていても、
将来結婚したり、子供ができたりする可能性があると思います。
そうなっても、それまでと変わらない愛情を持って、
猫を飼い続ける必要があります。

それなりのお金と時間が掛かる

猫を飼うには、それなりのお金がかかります。
飼い始めには、健康診断やワクチンの接種費用、避妊と去勢の費用がかかります。
また猫を飼っていると、餌代などで、月に1万円ほどかかると考える必要があります。

また猫は、1〜2日の留守番はできますが、
それ以上家を空ける場合には、ペット専用ホテルなどに預ける必要が出てきます。

それにはお金もかかりますし、またホテルへ連れていくための時間もかかります。

さらに猫が病気になることも少なくありません。
そのような場合には、時間をかけて獣医さんのところへ連れて行き、
お金を払って治療してもらう必要があります。


↑ ページの上部へ